ミュンヘン日本人国際学校

ミュンヘン日本人国際学校
こちらのブログが 本校(ミュンヘン日本人国際学校)のホームページとなります。 よろしくお願いします。

2018年12月13日木曜日

1,2年生クリスマスマルクト見学


 12月10日(月)、MTで1・2年生がクリスマスマルクト(Odeonsplatz オデオンスプラッツ)見学と買い物へ出かけました。

 少し雨が降っていましたが、子どもたちはそんなことは、お構いなしで、元気に買い物を楽しんでいました。ドイツ語で、あいさつや買い物の時のフレーズをがんばって伝えたり、持っていったお金の中で、自分が欲しいものを買うために、頭を悩ませたりする姿が見られました。2年生は、ドイツ語部の先生から出された課題にも楽しそうに取り組んでいました。ドイツ文化であるクリスマスマルクトを、みんなで楽しむことができました。


2018年12月12日水曜日

小学部6年生 Derksen 校訪問

12月12日(水)にDerksen校へ現地校交流に出かけました。自己紹介をしたり一緒にゲームをしたり工作をしたりと楽しい時間を過ごすことができました。ドイツ語や英語、ジャスチャーを使ってコミュニケーションを取ろうと頑張っていました。難しくても努力していた姿をたくさん見ることができました。ドイツ語の授業をこれからも頑張りたいという振り返りが見られ、ドイツ語への意欲も高まりました。


2018年12月10日月曜日

グラフィング校との交流
 12/7(金)、今年も中学部は Gymnasium Grafing を訪問しました。
 クリスマスの飾りをつくったり、ゲームをしたりと楽しいひと時を過ごせました。

 


2018年12月4日火曜日

 1年生が現地校交流としてベルナー校の子どもたちと交流をしました。
初めての交流ということもあり、始めは子どもたちは緊張した表情でした。
  歓迎の言葉を伝え、さんぽをドイツ語と日本語で歌いました。その後1・2組が分かれて工作(ブーメラン作り)と、体育館で遊びを通した交流(じゃんけん列車、玉入れ)を行いました。習ったドイツ語を少しでも話してみようとしたり、パウゼで日本のお菓子を勧めたりと子どもたち同士の交流が生まれていました。帰る頃には、笑顔で「またね!」とお別れしました。次にベルナー校へ訪問することが楽しみになりました。





小学部5年 Derksen校交流

           まずは自己紹介タイム。現地校の子どもたちが、
         ルールを説明してくれ遊びが始まりました。ボールが
         回ってきたら、名前を言っていきます。このチームは
         もうこの時から仲良くなれていました。                      
         4つのグループに分かれて、工作をしました。
       ニコラウスを作ったり、ツリーを作ったりクリスマス
       を楽しむ飾りがたくさん出来上がりました。
        クリスマスの始まりを描いた絵本を紹介してもらい
       ました。もちろん分からないドイツ語もたくさんあり
       ますが少しでも理解しようと聞き入る姿が見られました。 
 
  最後は、自由に中庭で、鬼ごっこ。ルールがあるのか
     ないのか?でも一緒に遊ぶことができていて楽しめたようです。

2018年11月26日月曜日

航空教室(キャリア教育)

 小学部4~6年生、中学部を対象に航空教室を開催しました。パイロット姿で登場した、ANAの丹後機長が子どもたちの前に現れたときには、歓声が上がりました。
 パイロットの仕事について分かりやすく説明して下さったり、子どもたちからの質問に丁寧に答えたりしていただきました。実際に飛行機を運転されている機長のお話に、子どもたちは目を輝かせながら聞いていました。これからの子どもたちの夢も広がりました。




 

キャリア教育(構造生物学) 

 マックスプランク生化学研究所の坂田先生から、中学部を対象に、「構造生物学ってどんなもの」というテーマの下、キャリア講話を行っていただきました。
 研究のお話はもちろん、ご自身の学生時代の体験や今振り返って思うことなどもお話してくださいました。坂田先生の「あきらめずに続けること」の言葉には、それまでの体験が込められていることが分かり、子どもたちにも温かいメッセージとして伝わりました。